本研究室では、惑星探査機や地球周回衛星などで得られた観測データや数値シミュレーション結果を駆使して、
地球をはじめ、火星など他の惑星の大気に関する研究を進めています。
We study the atmospheres of Earth, Mars and other planets, using observational data obtained
by planetary exploration spacecrafts and earth orbiters, and numerical simulations as well.

インフォメーション

2018/11/09

学外の研究者を招いて、日本初の金星探査機「あかつき」に関する特別セミナーを11月21日(水)4コマ目にG210で開催します。詳しくはこちらのWebページをご覧ください。

2017/06/16

火星大気に関する論文(Noguchi et al. [2017])が、米国の地球科学関連の専門誌(Journal of Geophysical Research, JGR)から出版されました(詳しくは、こちらをご覧ください)。/ Noguchi et al. [2017], which is a paper on the supersaturation of carbon dioxide (CO2) in the Martian atmosphere, has been accepted by Journal of Geophysical Research (JGR).

2017/04/17

環境科学コース学生向けの研究室説明会(第2回)を4月21日(金)9時からG307で行います。予め研究室のホームページに目を通して来て下さい。都合が悪い場合は、野口までメールを送ってください。

2017/04/11

環境科学コース学生向けの研究室説明会(第1回)を4月14日(金)13時からG307で行います。予め研究室のホームページに目を通して来て下さい。都合が悪い場合は、第2回以降を開催しますので、野口までメールを送ってください。

2017/04/01

新B4生の3人の学生とともに新年度がスタートしました。/ New members started the 2017 summer semster (three B4 students).

2016/11/14

学外の研究者を招いて、日本初の金星探査機「あかつき」に関する学内生向けの特別講演会を12月22日(木)に開催します。詳しくはこちらのWebページをご覧ください。

2016/04/06

環境科学コース学生向けの研究室説明会を4月14日(木)14時からG307で行ないます。予め研究室のホームページに目を通して来て下さい。

2016/04/01

宇宙航空開発研究機構(JAXA)・宇宙科学研究所(ISAS)の今村剛准教授(現・東京大学教授)を代表とする科研費(基盤B)による研究プロジェクト「電波掩蔽観測と数値実験による惑星大気重力波の研究」に、野口助教が分担者として参加することになりました。/ We joined a new project of the study on atmospheric gravity waves of planets. This project is conducted by Professor T. Imamura of the University of Tokyo and is supported by Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi).

2016/03/24

M2生が卒業式を迎えました(修士論文テーマ)。/ One master's student finished. Congratulations!

2015/06/16

情報科学科3回生の分属募集が始まりました。研究室説明会を6月22日(月)13時半よりG307にて行ないます。分属に興味がある学生の方は、こちらもご覧ください。

2015/06/01

当研究室の主催で国際シンポジウム「電波を用いた観測が切り拓く地球および惑星大気科学」が奈良女子大学にて開催され、野口助教が発表を行ないました。
Katsuyuki Noguchi, assistant professor of our laboratory, gave a presentation in the international symposium on radio science for Earth and planetary atmospheric science.

2015/05/27

日本地球惑星科学連合(JpGU)2015年大会(幕張メッセ、5/24-28)において、本研究室の池田さん(博士前期課程2回生)と野口助教が研究成果の発表を行ないました。
・池田ほか、タイタンにおける生命存在の可能性-アセチレンを用いた代謝経路を持つ微生物の生存条件
・野口ほか、火星探査機MRO搭載MCSにより観測された火星大気ダスト、水氷雲および気温の経度分布の複数年解析
S. Ikeda (M2) and K. Noguchi (assistant professor) gave presentations in the Japan Geoscience Union meeting 2015 (in Chiba, Japan, 24-28 May).
- Ikeda et al., The possibilities for life on Titan - the constraints for methanogenic bacteria with acetylene-based metabolic pathways
- Noguchi et al., Interannual analyses of the longitudinal distributions of Martian water ice clouds, dust and temperature by MRO-MCS

2015/04/22

国際シンポジウム「電波を用いた観測が切り拓く地球および惑星大気科学」を奈良女子大学において開催します。
開催日時:2015年6月1日(月)、参加及び講演申込締切:5月8日(金)
We will hold an international symposium on radio science for Earth and planetary atmospheric science on 1 June 2015. Please see this URL for details.

2015/04/07

科研費(基盤C)による研究プロジェクト「新たな電波掩蔽データ解析手法による火星大気の主成分混合比変動の解明」をスタートさせました。/ We started a new project of the study on the Martian atmosphere. This project is supported by Grants-in-Aid for Scientific Research (Kakenhi).

2015/04/01

新M2生とともに新年度がスタートしました。/ New members started the 2015 summer semster (one M2).

2015/03/24

4回生が卒業式を迎えました(卒業論文テーマ)。/ Three senior students graduated. Congratulations!

2015/03/06

公益財団法人 岩谷直治記念財団の第40回(平成25年度)岩谷科学技術研究助成の報告のため、野口助教が東京での研究発表会に出席しました。/ Katsuyuki Noguchi, assistant professor of our laboratory, gave a presentation in Tokyo for the final report of the one-year grant from the Iwatani Naoji Foundation.

2015/02/20

第17回環境リモートセンシングシンポジウムにおいて、野口助教が研究発表を行ないました。
・対流圏オゾンおよび微量成分観測における短波長域地表面アルベドの影響評価
K. Noguchi (assistant professor) gave a presentation on the effect of the surface albedo in short wavelength domains on the measurements of tropospheric ozone and other constituents in the 17th CEReS Symposium on Environmental Remote Sensing (in Chiba, Japan, 20 February).

2015/02/13

宇宙科学情報解析シンポジウムにおいて、野口助教が研究発表を行ないました。
・教育用計算機の利用を想定した3次元データコンター図の簡便なプロット手法の提案
K. Noguchi (assistant professor) gave a presentation on a technical topic of data plotting in Symposium of Space Science Informatics (in Sagamihara, Japan, 13 February).

2015/01/22

火星大気に関する論文(Noguchi et al. [2014])が、米国の地球科学関連の専門誌(Journal of Geophysical Research, JGR)に掲載されました(詳しくは、こちらをご覧ください)。/ Noguchi et al. [2014], which is a paper on the condensation of carbon dioxide (CO2), which is the most dominant composition, in the Martian atmosphere, has been accepted by Journal of Geophysical Research, JGR.

2014/11/04

第136回地球電磁気・地球惑星圏学会講演会(松本、10/31-11/3)において、野口助教が研究成果の発表を行いました。
・野口ほか、大気組成の鉛直分布を考慮したMGS電波掩蔽観測データの気温再導出
・Noguchi and Hayashi, Intercomparison of radiative transfer models for atmospheric composition measurements
K. Noguchi (assistant professor) gave presentations in Society of Geomagnetism and Earth, Planetary and Space Sciences meeting 2014 (in Matsumoto, Japan, 31 October - 3 November).

2014/10/24

日本気象学会2014年度秋季大会(福岡、10/21-23)において、野口助教が研究成果の発表を行いました。
・野口ほか、火星大気CO2凝結を考慮した電波掩蔽観測データの再導出
・野口ほか、静止衛星を用いた対流圏NO2観測における地表面BRDFの影響 -鉛直気柱量の評価-
K. Noguchi (assistant professor) gave presentations in Meteorological Society of Japan meeting 2014 (in Fukuoka, Japan, 21-23 October).

2014/09/10

静止衛星による大気汚染観測に向けて地表面反射率の入出射方向依存性(BRDF)の影響を評価した論文(Noguchi et al. [2014])が、欧州の大気観測技術関連の専門誌 Atmospheric Measurement Techniques (AMT) に受理されました。この論文は Atmospheric Measurement Techniques Discussion (AMTD) で2014年4月より一般に公開され、AMTへの正式受理に向けて議論ならびに査読を受けてきました。/ Noguchi et al. [2014], which is a paper on the evaluation of the effect of the surface BRDF on the geostationary monitoring of air pollutions over Tokyo, has been accepted by Atmospheric Measurement Techniques (AMT).

2014/08/04

アジア太平洋地球物理学会(Asia Oceania Geosciences Society, AOGS)2014年大会(札幌、7/28-8/1)において、本研究室の野口助教が研究成果の発表を行ないました。/ K. Noguchi (assistant professor) gave presentations in Asia Oceania Geosciences Society (AOGS) meeting 2014 (in Sapporo, Japan, 28 July - 1 August).
- Noguchi et al., A Sensitivity Study of UV Surface Albedo for Spaceborne Tropospheric Ozone Measurements Over China
- Noguchi et al., Proposal of the Environment Camera System Monitoring the Martian Aerosols and Water Vapor Column Density for the Japanese Mars Rover Proposal for MELOS Program
- Noguchi et al., Effect of Atmospheric Waves on CO2 Saturation in the Martian Atmosphere

2014/06/12

情報科学科3回生の分属募集が始まりました。研究室説明会を6月16日(月)13時半よりG307にて行ないます。分属に興味がある学生の方は、こちらもご覧ください。

2014/04/28

日本地球惑星科学連合(JpGU)2014年大会(パシフィコ横浜、4/28-5/2)において、本研究室の池田さん(博士前期課程1回生)と野口助教が研究成果の発表を行ないました。
・池田ほか、火星の大気主成分凝結を考慮したMGS電波掩蔽観測データの再導出とその応用
・野口ほか、静止衛星及び低軌道衛星による対流圏NO2観測を想定した地表面BRDFの影響に関する研究
・野口ほか、火星探査機MRO搭載MCSにより観測された火星大気ダストと水氷雲の子午面分布の複数年解析
S. Ikeda (M1) and K. Noguchi (assistant professor) gave presentations in the Japan Geoscience Union meeting 2014 (in Yokohama, Japan, 28 April - 2 May).
- Ikeda et al., Estimation of Martian atmospheric composition change caused by CO2 condensation and its application to radio occultation
- Noguchi et al., Effect of Surface BRDF on the Geostationary and Low Orbit Observations of Tropospheric NO2
- Noguchi et al., Interannual analyses of the meridional distributions of Martian dust and clouds obtained by MRO-MCS

2014/04/07

静止衛星による大気汚染観測において地表面反射率の入出射方向依存性(BRDF)の影響を評価した論文(Noguchi et al. [2014])が、欧州で発行されている大気観測技術関連の専門誌 Atmospheric Measurement Techniques Discussion (AMTD) から出版されました。AMTDはAtmospheric Measurement Techniques (AMT)に掲載されるために一定期間Web上で公開され、議論を行う雑誌です。議論ならびに査読の後で、正式にAMTに掲載されることになります。 / Noguchi et al. [2014], which is a paper on the evaluation of the effect of the surface BRDF on the geostationary monitoring of air pollutions over Tokyo, has been published in Atmospheric Measurement Techniques Discussion (AMTD).

2014/04/01

新M1生、新B4生の計4人の学生とともに新年度がスタートしました。/ New members started the 2014 summer semster (one M1 and three B4 students).

2014/03/24

4回生が卒業式を迎えました(卒業論文テーマ)。/ Four senior students graduated. Congratulations!

2014/03/06

公益財団法人 岩谷直治記念財団の第40回(平成25年度)岩谷科学技術研究助成を受け、野口助教が東京での贈呈式に出席しました。/ Katsuyuki Noguchi, assistant professor of our laboratory, has received an one-year grant from the Iwatani Naoji Foundation.

2013/12/01

新しい研究室のWebページを立ち上げました。/ We have launched this website.

line